認知症の早期発見

認知症の早期発見

現在のところ、認知症は進行すると元の状態には戻せません。しかし、早い段階で“認知症の兆し”に気づくことができれば、発症や進行を遅らせることができますので、その兆しに気がつくことが大切です。

“もの忘れ”に認知症のサインが隠れている場合があります

歳をとれば、誰でも忘れっぽくなったと実感するものです。加齢とともに忘れっぽくなったり、新しいことを覚えにくくなったりするのは老化現象のひとつなので、心配いりませんが、それが認知症による“もの忘れ”の場合、老化現象による“もの忘れ”とはあきらかに質が違う忘れ方をしますので、その違いを知っておくことが大切です。

ここが違う!「加齢によるもの忘れ」と「認知症によるもの忘れ」

 (518)

生活の中で認知症の危険信号を察知しましょう

加齢による“もの忘れ”と認知症による“もの忘れ”はあきらかに違います。認知症といっても、急にはっきりとした症状があらわれるわけではありませんし、初期には症状のあらわれ方にムラがあります。したがって、認知症を正しく理解していないと、日常生活の中で発せられている危険信号を見逃してしまいます。

そこで、日常生活でみられがちな“もの忘れ”に関する危険信号をいくつか挙げてみました。思い当たることが複数ある場合や、くり返しみられる場合は、一度、専門医を受診するようにしましょう。

日常生活で注意したい認知症の危険信号

 (522)

認知症となる原因によって、症状のあらわれ方には違いがあります。
上記の危険信号以外でも、「おかしいな?」と思ったら、早めに受診・診断を受けることが大切です。

全ページをDLする場合はこちら

関連記事

  • 【長生き応援シリーズ】入院・手術時に身元保証人がいないときはどうすればいい?!②~身元保証人を誰かにお願いする場合の問題点~

    【長生き応援シリーズ】入院・手術時に身元...

    シリーズ「入院・手術時に身元保証人がいないときはどうすればいい?!①~身元保証人について~」では、入院や手術時には身元保証人が必要なことや、病院が身元保証人に求める役割についてお伝えしました。 今回は、身元保証を誰かにお願いする場合の問題点をお伝えします。

  • 【健康コラム】慢性膵炎の症状の特徴と予防のためにできること

    【健康コラム】慢性膵炎の症状の特徴と予防...

    "人生100年時代"と言われている現代、いつまでも元気にいきいきと過ごしたいと誰もが願うことでしょう。心身ともに健康で過ごすために、日々の生活におけるヒントを見つけて実践してみましょう。 膵臓は胃腸などと比べると自覚症状が出にくいので、普段意識することはあまりないでしょうが、膵液という消化液を分泌する重要な役割を持つ臓器です。今回は、膵臓に起こる「慢性膵炎」という病気について見ていきますので、大切な膵臓を守るためにぜひ役立ててください。

  • 【健康コラム】中高年に起こりやすいスポーツ障がいの予防法とは

    【健康コラム】中高年に起こりやすいスポー...

    "人生100年時代"と言われている現代、いつまでも元気にいきいきと過ごしたいと誰もが願うことでしょう。心身ともに健康で過ごすために、日々の生活におけるヒントを見つけて実践してみましょう。 スポーツ障がいは子どもや若い人にも起きますが、近年は中高年でスポーツを楽しむ人が増えてきていることから、中高年の人の割合も増えています。 今回は、中高年のスポーツ障がいの原因と予防対策をご紹介していきます。