認知症の治療薬にはどのようなものがある? 効果や副作用は?

認知症の治療薬にはどのようなものがある? 効果や副作用は?

認知症の治療法としては、薬を使う薬物療法が実施されることがあります。では、治療の際には、どのような薬がどのような目的で用いられるのか、効能や副作用なども含めて解説していきます。

治療薬で認知症は治る?

認知症を完全に治す治療法は、まだ見つかっていません。ですが、治療薬を投与することによって、できるだけ症状を軽くして、進行の速度を遅らせることが期待できます。

認知症の多くは、以下で説明している「三大認知症」の3種類に分けられます。

■アルツハイマー型認知症:認知症の約半数を占めるタイプ。海馬を中心に脳の神経細胞が死滅し、認知機能障がいや物盗られ妄想、徘徊などの症状が見られるようになる。
■レビー小体型認知症:認知症の約20%を占めるタイプ。レビー小体という特殊な物質ができることで脳の神経細胞が死滅し、認知機能障がいや妄想、睡眠障がい、パーキンソン症状(手足の震えなど)が見られるようになる。
■脳血管性認知症:認知症の約15%を占めるタイプ。脳梗塞や脳出血などが原因で脳の一部が壊死し、認知機能障がいや手足のしびれ、感情の抑制が効かないといった症状が見られるようになる。

これらの認知症のうち、現時点での認知症の治療薬は、基本的に「アルツハイマー型認知症」に対するものです。「レビー小体型認知症」や「脳血管性認知症」自体を対象にした治療薬はありませんが、これらの認知症にも薬を用いることで、進行をゆるやかにできる場合があります。

認知症の治療薬にはどんな種類がある?

認知症の主な治療薬としては、以下のものが挙げられます。

■ドネペジル塩酸塩(アリセプト®など)
アリセプト®などのコリンエステラーゼ阻害薬は、アセチルコリン(重要な神経伝達物質)を分解する酵素の働きを抑え、脳内のアセチルコリンの濃度を高める作用を持つ薬です。錠剤、ゼリー、ドライシロップなど様々な種類があり、主に軽度~重度のアルツハイマー型認知症の患者に処方されます。

認知症の中核症状(脳細胞の死滅や機能低下によって起こる記憶障がい、見当識障がい、理解・判断力の低下、実行機能障がい、言語障がい、認知機能障がい)を一時的に改善し、認知症の進行を遅らせる効果があるといわれています。

■ガランタミン臭化水素酸塩(レミニール®)
レミニール®は、前述のコリンエステラーゼ阻害薬の作用に加え、脳内のアセチルコリンを受け取る器官の感受性を高め、神経の伝達を改善する作用が見込める薬です。錠剤、液剤などがあり、主に軽度~中等度のアルツハイマー型認知症の患者に処方されます。

認知症の進行を遅らせるのに有効と考えられており、できるだけ早期発見・治療をし、少しでも軽症の段階に留めることが大切です。

■リバスチグミン(イクセロンパッチ®、リバスタッチパッチ®)
こちらもコリンエステラーゼ阻害薬の一種です。皮膚に貼るパッチ製剤で、主に軽度~中等度のアルツハイマー型認知症の患者に処方されます。

■メマンチン塩酸塩(メマリー®)
メマリー®は、脳内のグルタミン酸(記憶や学習に関わる神経伝達物質の一種)の過剰分泌による脳神経細胞の死滅を防ぎ、従来の記憶形成に近い働きを促す治療薬です。錠剤や口腔内崩壊錠などがあり、主に中等度~重度のアルツハイマー型認知症の患者に処方されます。

認知症の治療薬の副作用は?

アリセプト®、レミニール®、イクセロンパッチ®、リバスタッチパッチ®では、副作用として吐き気や嘔吐、食欲不振、下痢、腹痛などが起こることがあります。またメマリー®の場合、めまいや便秘、頭痛、体重減少などの副作用が見られる場合があります。

なお、認知症の治療薬は薬の効果と副作用を定期的にチェックしながら、種類等を調整していきます。気になる変化があれば、必ず医師に相談しましょう。

おわりに:認知症の治療薬は、早い段階での投与が重要!

認知症を根治させる薬は現在のところありませんが、薬の投与によって、症状を改善し病気の進行を遅らせることが期待できます。なるべく初期の段階で症状を留めることが重要なので、「認知症かも?」と思った場合は、お近くの専門外来で検査を受け、早期発見に努めましょう。

生20-2908,商品開発G

関連記事

  • 【長生き応援シリーズ】入院・手術時に身元保証人がいないときはどうすればいい?!②~身元保証人を誰かにお願いする場合の問題点~

    【長生き応援シリーズ】入院・手術時に身元...

    シリーズ「入院・手術時に身元保証人がいないときはどうすればいい?!①~身元保証人について~」では、入院や手術時には身元保証人が必要なことや、病院が身元保証人に求める役割についてお伝えしました。 今回は、身元保証を誰かにお願いする場合の問題点をお伝えします。

  • 【健康コラム】慢性膵炎の症状の特徴と予防のためにできること

    【健康コラム】慢性膵炎の症状の特徴と予防...

    "人生100年時代"と言われている現代、いつまでも元気にいきいきと過ごしたいと誰もが願うことでしょう。心身ともに健康で過ごすために、日々の生活におけるヒントを見つけて実践してみましょう。 膵臓は胃腸などと比べると自覚症状が出にくいので、普段意識することはあまりないでしょうが、膵液という消化液を分泌する重要な役割を持つ臓器です。今回は、膵臓に起こる「慢性膵炎」という病気について見ていきますので、大切な膵臓を守るためにぜひ役立ててください。

  • 【健康コラム】中高年に起こりやすいスポーツ障がいの予防法とは

    【健康コラム】中高年に起こりやすいスポー...

    "人生100年時代"と言われている現代、いつまでも元気にいきいきと過ごしたいと誰もが願うことでしょう。心身ともに健康で過ごすために、日々の生活におけるヒントを見つけて実践してみましょう。 スポーツ障がいは子どもや若い人にも起きますが、近年は中高年でスポーツを楽しむ人が増えてきていることから、中高年の人の割合も増えています。 今回は、中高年のスポーツ障がいの原因と予防対策をご紹介していきます。